ヤゴ

ヤゴがメダカ食べる状況の対策と駆除方法

ヤゴメダカ食べる状況の対策駆除を効率的に行う方法をご存知でしょうか。メダカの天敵とされる昆虫は、数多くいます。その例として、ヤゴというトンボの幼虫が該当します。ヤゴは幼虫でありながら、大人のメダカさえ食べることが分かっており、一網打尽にされかねないので注意しておくことが重要となります。

この記事を読むこと、ヤゴのようにメダカ食べる昆虫への対策と駆除について知ることが出来ます。これからメダカを飼おうと考えている方、既に飼っている方にとって有益な情報となっています。困っている場合に読めば解決できる可能性が高まります。

ヤゴがメダカ食べる時の対策

ヤゴがメダカ食べる状況の事前対策方法は、まずメダカの天敵となる生物を水槽に入れないことが重要となります。とはいえ、水槽の蓋を密閉してしまうと今度はメダカが息を出来なくなってしまうので本末転倒です。

そこでお勧めな対処法が水槽の水面をやや低めにしておくということであり、そうすることによってトンボが水面に卵を産み付けることが出来なくなります。ヤゴはトンボの幼虫なので、トンボに卵を産ませなければ根本的な解決をすることが出来ます。

ただし、水槽の水面から出ている水草などにトンボが止まって水面へ卵を産み付けられるケースもあるので注意しておきましょう。それでもトンボが侵入してきた場合は、根気強く卵やヤゴを駆除をしていく必要があります。トンボの幼虫である生まれたばかりのヤゴはとても小さいですが、人間の目でも十分に確認することが出来ます。

大きめのヤゴは、人間に対してもかみついてくることがあるので注意しておきましょう。室内水槽の場合はヤゴを侵入されてしまう可能性が低いものの、可能性がゼロというわけではありません。室内室外保管の水槽共にヤゴの対策を練ることが重要となります。

めだか水槽に、防虫ネットを使用することも有効な手段です。防虫ネットを使えば、他の虫まで含めて対策をすることが出来ます。メダカが安全に過ごすためにも、防虫ネットを水槽に使用するメリットは大きいといえるでしょう。また、水槽から水草が飛び出さないようにすることも大切です。

メダカを飼う際には、メダカの産卵の機会を生み出すために水草を用意することが多くなっています。そのこと自体に問題はありませんが、あまりにも大きい草を水槽内に入れてしまうと今度はトンボなどが接近するチャンスとなってしまいます。

ヤゴにメダカを食べる前に駆除する方法

ヤゴ、またはトンボの侵入を許してしまった場合は、いかに素早く気付くことが出来るかがポイントになります。毎日メダカの水槽を注意深く見ていれば、トンボの卵にも幼虫のヤゴの存在にも気づくことが出来ますが、なかなかそういった時間を取れないというケースもあるかもしれません。

メダカに被害が出てしまった場合はどこかにヤゴが潜んでいる可能性があるので、すぐに探すことが大切です。一度メダカの水槽に入り込んでしぱった幼虫のヤゴに対しては、1匹1匹駆除していく以外に方法はありません。刺激の強い方法で駆除を行ってしまうと、メダカにも影響が出てしまうかもしれないからです。

水槽内にいる動く生物は全てヤゴのエサになってしまう恐れがあります。そういった生物を入れないようにすることも重要といえるでしょう。メダカを食べる昆虫は、決して少なくありません。メダカが不審な形で傷を負っている場合は、ヤゴなどの昆虫にかみつかれた可能性が高いといえるでしょう。

めだか1匹が食べられてしまうと、水槽内の被害は一気に拡大してしまいます。瞬く間にメダカが全滅へ追い込まれる恐れもあります。ヤゴの駆除の方法はいたってシンプルであり、ピンセットのようなものでつまみだせば問題がありません。

外に出した幼虫はいずれトンボとなって帰ってきてしまう恐れがあるため、出来れば完全に殺虫しておくことが重要といえるでしょう。とにかく徹底的に対処しなければ、水槽内のメダカの被害を食い止めることが出来ません。特に夏場は昆虫の行動が活発になるので、一層の注意をしておく必要性が高くなっています。夏を乗り切れば育てやすくなります。

【しつこい衛生害虫退治は専門家へ♪】