カマキリ

カマキリの寄生虫の出し方や見分け方と水の関係性

カマキリ寄生虫出し方見かけ方との関連性について、不思議な因果関係があります。カマキリは本来であれば水を避ける昆虫ですが、なぜか水に自ら飛び込んで死んじゃうことがあります。

この記事を読むと、カマキリの寄生虫の出し方と見分け方、そして水との関連性の秘密について知ることが出来ます。

カマキリの寄生虫の出し方と見分け方

カマキリの寄生虫の出し方と見分け方について、ご紹介していきます。まず、自然環境下のカマキリ虫には、ハリガネムシと言うちょっと厄介な寄生虫が棲み着いていることも少なくありません。

この寄生虫ハリガネムシがカマキリにいるかの見分け方は、水を用意してあげることが最も良い方法となっています。寄生虫ハリガネムシに寄生されているカマキリは水を見るとその水に寄っていく性質があり、最終的にはカマキリが寄生虫ハリガネムシの誘導によって水の中に飛び込んでしまうことになるためです。

このカマキリが水の中に飛び込んでしまうという性質は寄生虫ハリガネムシが水の中で育つ生き物であることに起因しており、寄生した相手を洗脳してしまうことによると考えられています。

そのため寄生虫ハリガネムシに寄生されたカマキリやその他の昆虫が水を見せると、その水によっていく性質があり、このことから寄生の有無の見分け方となっております。

また、カマキリにいる寄生虫ハリガネムシの出し方は、カマキリのお尻を水に付け方法があります。寄生虫ハリガネムシは、宿主が水を見つけると宿主を洗脳してその水に向かわせて水の中まで誘導します。

そのため、これと同じこととなるカマキリのお尻を水に付けると、寄生虫ハリガネムシがぬるぬると出て来ます。つまり、ハリガネムシがいるカマキリの個体の寄生虫の出し方は、お尻部分を水で濡らします。

基本的には寄生虫ハリガネムシは水の中で生活するものであるため、見分け方にも出し方にも水を利用することが非常に良い方法となっています。ハリガネムシに寄生されていることを見分けるためには、その可能性がある昆虫自身に水を見せるとその昆虫自身が自分から水に寄っていくことになります。

本来は水を嫌うはずの昆虫が自分から水に寄っていくことで、寄生されていることが見分けられるようになるのです。しかし、ハリガネムシの出し方としては昆虫自身に水を見せずに、ハリガネムシにだけ水を感じさせるようにすることが大切で、この場合にはお尻を水に付けることで、取り出すことができるようになります。

カマキリの寄生虫と水の関係性

カマキリの寄生虫と水との関係性について詳しく解説していきます。カマキリの寄生虫であるハリガネムシは、基本的には水の中で生活し、自らの子孫を増やすためにも再び水中で産卵をすることが必要となります。

しかし、ハリガネムシが寄生をする場合には陸上で生活するカマキリなどの最終寄生先となる昆虫を利用することで、自分自身の成長を促す性質を持っています。

自分自身では寄生虫ハリガネムシは陸上を移動することができないため、最終的に産卵の時期になると水辺に移動する必要があり、そのために寄生しているカマキリなどの昆虫を洗脳しその水辺の場所まで誘導をしなければなりません。

そのために、このような本来では水の中に入らない昆虫が水の中に飛び込む行動をとるようになります。実際にはいろいろな昆虫の中に帰省することが多いのですが、その中でも比較的行動範囲が広く、また自然界の中である程度の力がある相手に帰省することが多く、このほかにはバッタやトンボなど、自分の生活圏に近づきやすい相手を選ぶことが多いのも特徴です。

その確認のためには様々な実験がこれまでも行われており、寄生していることが確認されている昆虫と同じ種類のそうでない昆虫を並べて水辺に誘導した場合、寄生されていない昆虫は基本的に水の中や水辺に近づく事はありませんが、寄生されている場合にはその中に飛び込んでしまうことがわかっています。

基本的に1部の水辺昆虫を除いては水中に飛び込むと死んでしまうリスクがあるため、ほとんどの場合には水辺に近づかないことが多いのですが、ハリガネムシに寄生されている昆虫だと飛び込んでしまうのです。その理由はハリガネムシの生態にあり、実際には寄生されている昆虫自身の意志ではないものとなっています。

【しつこい害虫退治は専門家へ♪】