カマキリ

カマキリのエサでハムとチーズを食べる理由と注意点

カマキリのエサハムチーズを与えると、食糧となる昆虫を捕まえたり準備したりしなくて済むという話しを聞いたことがあるでしょうか。カマキリを自宅で飼育するときの一番のネックが、カマキリの餌です。

カマキリは肉食性の昆虫なので、バッタやスズムシそしてカナブンなどのようにエサ野菜を食べません。そのため、原則として生きた昆虫が理想のカマキリの餌であります。この記事を読むと、カマキリのエサでハムとチーズを与えると食べる理由と注意点について知ることが出来ます。

カマキリのエサでハムを食べる理由と注意点

カマキリのエサでハムを与えると、食べる理由をご紹介していきます。カマキリのエサとしてハムを与えるのは、昆虫などのエサを入手することが出来なかった際の応急処置として行います。人間が食べることが出来るハムをカマキリのエサとして与えます。

注意すべき点としては、ハムの匂いでカマキリが一応食べ物であるたんぱく質を含むことは認識しますが、ハム自体に動きがありませんので完全にエサであると認識はしません。この場合、ハムを動物や昆虫であると見せかけてモーションが必要となります。

ハムをカマキリの前で動かし、目でハムを追うかどうかを確認してから捕食させて与えるようにしましょう。ただし、このハムをカマキリのエサとして与えるのはあくまで応急処置です。

ハムには添加物が使用されており、人間が食べる分には影響はないですが、カマキリなどの昆虫が食べることは想定して作られていません。ハム自体は加工食品ですので、必然的に添加物を使用して作られております。

そのため、ハムを主食のエサとして与えていると何かしらカマキリに影響があることが想定されます。また、栄養価で考えた場合、ハムはたんぱく質以外にカマキリにとっては脂肪も多いので栄養過多になる可能性もあります。

栄養を多く取りすぎてしまうと、カマキリに起こりえる問題としては体が成長しすぎてしまい動きが遅くなり、仮にふさわしい体系でなくなることが多いです。そのため、本来のカマキリの主食エサである昆虫を与えることが望ましいです。

昆虫であればコオロギなどのエサをカマキリに与えると良く、コオロギについては釣具の販売店で入手することが可能ですのでそちらでコオロギを購入しエサとして与えてあげましょう。

どうしてもコオロギやアブラムシ、アリのようなエサを入手することが難しい場合のみ応急的に1度与える分くらいハムを与える点においては、仕方のないこととして与えてもよいですが、続かないようにしましょう。

カマキリのエサでチーズを食べる理由と注意点

カマキリのエサでチーズを与えると食べる理由について、ご紹介していきます。チーズの主な栄養成分は、脂質でありこれはカマキリにとってもある程度は必要な栄養源となるためエサとして食べることもあります。

しかし、脂質の多い食べ物をエサとして大量にカマキリに与えると、その栄養を排出することが出来ず栄養過多になります。カマキリが栄養過多になる問題としては、急激な成長をすることもありますし、栄養を排出できずカマキリが成長に耐えることが出来ず死んでしまうということもあります。

また、チーズをカマキリのエサとして与えるのであれば、固形の物をあげます。熱せられたトロトロのチーズなどは、火傷によりカマキリが負傷するリスクが高いので、与えるのは原則として禁止です。

チーズをカマキリに与える際、これもまた動きがなければエサとして認識しませんのでチーズの切れ端をピンセットでつまみ、カマキリの目の前で動かし、エサとして認識させます。

チーズをカマキリがエサとして認識しましたら捕食をするために鎌を延ばしますので、後はカマキリの口がエサとなるチーズを食べるのを見届けます。なお、こちらのチーズをエサとする方法もあくまで、カマキリのエサである、アブラムシ、アリ、コオロギが入手できなかった際の応急処置です。

何回もチーズをカマキリのエサとして与えていると体が脂肪を排出できず病気になったり、カマキリが急激に成長して成長に耐えられなくなりったりします。そのたため、クドイですがあくまでもチーズはカマキリのエサを入手できなかった際の応急処置として少しだけ与えるようにしましょう。

また、チーズにも加工する上で保存料などが配合されておりますので、カマキリなどの昆虫に対して保存料である物質がどのような影響を及ぼすかは未知数です。チーズはあくまで人間が口にするものですので長期的に見た場合、昆虫のエサとしては不十分であり注意が必要です。

【しつこい害虫退治は専門家へ♪】