ダンゴムシ

ダンゴムシ駆除剤で野菜栽培と花壇にオススメなもの

ダンゴムシ駆除剤野菜栽培や花壇に使用するときには、どれがオススメなのか用途別に詳しい情報がなくて困ったということはないでしょうか。ダンゴムシ駆除剤を使用すると、畑で野菜を育てていたり花壇で花を育てている周りに蒔くことでダンゴムシが居なくなります。

また、それ以外の場面でもダンゴムシ駆除剤は即効性があるので臨時的に使うことができるものです。しかし、ダンゴムシ駆除剤は手軽に利用できるものも多いですが、食べるための野菜などの植物を育てている場合には駆除剤の成分に注意しなければなりません。

この記事を読むと、ダンゴムシ駆除剤を選ぶときに野菜栽培と花壇への用途別にどれを選ぶと良いかその基準が分かるようになります。

ダンゴムシ駆除剤で野菜栽培にオススメな種類と具体的な活用例

ダンゴムシ駆除剤を野菜栽培に活用するときにオススメな種類とその具体的な活用例をご紹介していきます。ダンゴムシ駆除剤を使おうと考える時に、食べることを目的とした野菜を家庭菜園で育てている場合には、ダンゴムシ対策として誘引する顆粒タイプのダンゴムシ駆除剤をがおすすめです。

その中でも野菜栽培に適したダンゴムシ駆除剤で定番のものとしては、デナポン5%が含まれたものがあり、これらの薬剤はダンゴムシが好きな匂いによって誘引して食べさせます。この粒タイプのダンゴムシ駆除剤は、ヨトウムシなどにも効果があるため、野菜を食害する虫に困っている場合にも最適です。

一方で農薬に該当するようなダンゴムシ駆除剤を使いたくない場合には、ダンゴムシが忌避するものを蒔くことでも被害を減らすことができます。効果があるものとしては、お酢とコーヒーです。

これらはダンゴムシ以外にも効果があるもので、酢を濃度5%に薄めたものを吹きかけるというもので、酢の匂いを嫌ってダンゴムシが近づきません。また酢以外にも木酢液を200倍から500倍に薄めたものや濃いめのコーヒーも同様に効果があります。

なお、この方法は水撒きや雨でつぐ落ちてしまうのでダンゴムシ駆除の効果が長続きしないのが欠点です。そして、コーヒー液や酢などはダンゴムシ駆除剤と違って、ダンゴムシを近寄らせないためのものであり何度も対策を繰り返すことから、根本的な駆除とならずとても手間がかかります。

そんなに手間のかかることをしたくないといった場合には、市販されている粒タイプのダンゴムシ駆除剤を使うのがもっとも費用を抑えて最大限の効果を発揮します。ダンゴムシ駆除剤は、野菜栽培などを行う時に手間がかからなずに効果が高いというメリットがあります。

ダンゴムシ駆除剤で花壇にオススメな種類と具体的な活用例

続いて、ダンゴムシ駆除剤を花壇に活用するときにオススメな種類とその具体的な活用例をご紹介していきます。自宅の花壇で花や植物を育てている時にダンゴムシを駆除したい時には、ダンゴムシ駆除剤を使用するのがもっとも効果的です。

例えば、先述した野菜を育てる時に利用するデナポン5%など多くのダンゴムシ駆除剤が売られています。また、庭などで育てている花や植物は人間が食べないにしても、ダンゴムシにとっては花の葉や花びらがご馳走です。

ですから、これらの花や植物を守るためにダンゴムシ駆除剤を散布しておけば、それらの食害を防ぐことが可能です。なお、自宅の花壇という限られた空間だけを守りたいのであれば、粉剤を周りに撒いておくことでダンゴムシの被害を減らすことができます。

ただし、撒いたりする粉タイプのダンゴムシ駆除剤は即効性がありますが、ペットや子供が誤って口に入れることも考えられますから散布する場所には注意が必要です。

お酢などの忌避剤を使う方法も有効ですが、ダンゴムシにも効果がある殺虫剤を撒くというのも方法です。室内で使われるハエや蚊用の殺虫剤もダンゴムシに効果があります。それらを使用しても良いですし、ダンゴムシ専用のものを利用するとより使いやすいものです。

通常、ハエや蚊など飛んでいる虫を対象とした殺虫剤は広範囲に成分が広がるようにノズルが工夫されていますが、ダンゴムシなど地上を這う虫に対して利用するものはノズルが長くなっており、ピンポイントで吹き付けることができます。

そのため、花が茂っている時など上から撒いても成分が地上まで降りていかないような場合には長いノズルのある専用の殺虫剤を使うと効果的です。花壇などで使用するダンゴムシ駆除剤は、食べることを目的とする野菜ではないため粉タイプのやや強めの薬剤がオススメです。

【しつこい害虫退治は専門家へ♪】