クマバチ

クマバチの巣退治方法の注意点と生態について

クマバチの巣退治方法は、その生態を理解していると安全に行う事ができます。ずんぐりとした迫力のある体つきのクマバチは、花から花へと飛び回っている姿を良く見かけます。クマバチは独特の羽音がものすごく強烈ですので、その音によってとても獰猛な印象を持ってしまいますが、ハチの中では大人しいタイプです。

ただ、クマバチの巣退治をするには適切な方法を行い、注意点を知っておかなくてはなりません。クマバチの生態に相応しいやり方で安全に退治をしたいものです。この記事を読むと、安全にクマバチの巣退治の方法がその生態を知る事によって把握できるようになり、もしもクマバチの巣を見つけた時の対処が可能になります。

クマバチの巣退治方法の注意点

クマバチの巣退治方法は、安全を考慮するためにしっかりと効率的な手順を知っておく必要があります。クマバチの巣を見つけたら、いくら温厚なハチの種類だといっても何かの被害に遭うのではないかと思うとその駆除が怖くなるものです。

クマバチの巣退治の方法は、しっかりと手順を抑えてどんな風に行えばよいのかを知っておくと必要以上に恐れることもなく済みます。まず、クマバチの巣退治をする時には、前もって準備して欲しいのがDIYゴーグル園芸用マスクです。

この装備は、顔の露出を防ぐことを目的に2つを使用することで、噴射するハチ専用の殺虫スプレーから自身を守る役割もあります。マスクは、常備している家庭が多いでしょうが、ゴーグルはホームセンターなどで手軽に入手できるので日曜大工用のものなら装着しやすいのでおすすめです。

そして、クマバチの巣の中に潜んでいる熊蜂を撃退するために、ハチ用の殺虫剤スプレーを準備してください。クマバチの巣退治には家庭用の殺虫剤でも効果がありますが、ハチ専用と記載されているものであればより効果が期待できます。

その際に、スプレーの射程距離が長いものを選ぶようにすると、クマバチの巣から離れていても正確に噴射できるので便利です。ジェット噴射と言うような記載をしている商品があるので、探してみると見つけやすくなります。

さらに、ハチ専用の殺虫スプレーの中には、ハチ予防効果のあるものもあるので巣を作られてしまう頻度が多ければ、効果の高いものを選ぶのもおすすめです。最後に、クマバチを駆除してから巣を埋めるために使うのが、木工パテです。この他にはタイルを補修するコーキング剤でも代用できます。

クマバチの巣退治の方法を実施する前に、まずは準備するものを抜かりなくチェックしておいて、ハチ専用の殺虫剤を噴射した後に木工パテで巣穴をふさぐ流れでクマバチの退治を安全に行うことは可能です。

熊蜂が温厚なハチだからといって油断をすることなく、クマバチの巣退治の準備する物をあらかじめ揃えておいておくのがおすすめです。クマバチの巣を偶然にも見かけた時には、怖さのあまりとりあえず一気に無防備な状態で殺虫剤を噴射することもありがちですが、適切な手順を踏んで退治を行うのが理想的です。

熊蜂が温厚なハチと言っても、当然ながら人間がクマバチの巣に攻撃を仕掛けると、反撃する可能性があります。クマバチに刺されると強い痛みだけではなく、ひどい場合にはアナフィラキシーショックになる可能性もあるからです。そのためにも、上記のように説明した方法でできるだけ体の露出を少なくした状態を整え万全の準備を整えてからクマバチの巣退治の方法を行うようにしてください。

クマバチの生態と危険性について

クマバチの生態と、巣を退治するにあたってその危険性をお話していきたいと思います。クマバチは、黒い光沢があり胸部は黄色い毛でおおわれているので、遠目から見る分には可愛らしい印象を持ってしまうものです。

熊蜂は、ハナバチの仲間で枯れ枝や古い木造の建物などに1円玉くらいの丸い穴をあけて巣を作る生態的な性質があります。巣の内部は、幼虫の餌になる団子を作りいくつかの部屋で卵を産みます。

春になると越冬を終えた母クマバチが活発に行動を開始して、5月から6月にかけてクマバチの巣の中では新しい成虫が育って行き、夏には成虫の羽化が始まります。羽化したクマバチのほとんどは越冬しますが、メスバチは巣穴別の場所で作り越冬します。

クマバチは、大きな体であり羽音が大きいので恐怖心を抱いてしまうものですが、通常こちらが刺激を与えない限り人を襲うことはありません。クマバチの生態習性として、付近を飛び回っている昆虫や鳥などをはじめ、人間などの動きにも反応してクマバチが追い掛けている姿を見るため、攻撃的だという印象を持つ人も多いです。

しかし、これらのクマバチが動くものに急接近してくる生態行動は、オスハチの独特の縄張りを示す行動やオスがメスかどうかを確認する行動ですので特に危険性もありません。。見た目が可愛らしい印象のクマバチですが、どんな場合に攻撃性があるかということも気になるものです。

油断をしていてクマバチから刺されることになる事態を避けるためには、クマバチの生体や攻撃特性も知っておくと役立ちます。オスのクマバチの生態特徴として、ほとんど攻撃性がないので基本的に攻撃をしかけてくることはないと考えて大丈夫ですし、そもそもオスは毒針を持っていないので安心してください。

ただ、クマバチの羽音の大きさで驚いてしまい、右往左往する方もいるでしょうが、オスが人間の動きに反応してメスかどうかを確認するために急接近してきても攻撃性が無いのでそのまま放置をしていて構いません。

一方、メスのクマバチは人を刺すことがあるので、危険性がゼロではないのです。ただ、クマバチの全ての生態でもわかるように人間が刺激を与えない限りは、刺されることはないものです。なお、人間がメスのクマバチを捕獲しようとしたり、クマバチの巣退治をしようとしたりすることで返って攻撃を仕掛けてくる可能性を高めてしまいます。

そもそも、同じハチでもどうして熊蜂はなぜ攻撃性が低いのかと言えば、クマバチがミツバチと同じように肉食性のハチではなく花粉や花の蜜などを食べたり吸ったりして命を繋いでいるハナバチであり、スズメバチのような危険性を持っていないからです。ミツバチのように集団で行動しない上に、大型の種類なのでどうしても危険性が高いという認識を人間は受けてしまいますが、生態を知ることで正しく理解できるようになるでしょう。
関連記事
クマバチの丸わかり解説

クマバチの丸わかり解説この記事では、クマバチの昆虫について気になるポイントをピックアップして丸わかり解説を端的に行っていきます。 クマバチの巣の駆除...

【ハチ退治は安く安全に専門家へ♪】